【ちょっとした贅沢】各所のビーフジャーキーを食べ比べしてみた!


 

おはよう、皆の衆。定次さんです。

 

 

たった今おならをしたらものすごく低い音で「シルブプレ」と聞こえました。

「シルブプレ」が何を意味しているのかは定かではありませんが、私のおしりが何かしらを求めているのは確かでしょう。

それとも日頃の感謝かそれとも助けを求めているのか…何にせよ今回のことをきっかけとして私は自身の身体に耳を傾けてみるのもありかもしれないと思いました。。

意外と知らない自身の身体のこと。こうしてコミュニケーションをとることでより自分自身を知ることができるはずです。

 

さて、私のおしりが何を訴えかけているのかはわかりかねるところではありますが、今回の日記はそんな話をするために書いているわけではありません。

日記タイトルから皆さんもお察しの通り、今回はビーフジャーキーの食べ比べについて主観的な感想を書いていきます。

日記タイトルなんて気にせず惰性ばかりで読んでいる方もいるかもしれませんが、中には例のブラックフライデー事件同様にタイトルに釣られてやってきた初々しいご新規さんもいるかもしれません。

嘗ては日記タイトルと内容のちぐはぐ具合に困惑する閲覧者も多々いましたが、今回の日記はちゃんとタイトルに沿った内容の日記を書いていきます。炎上怖いですからね。タイトル詐欺なんてもうしません。

 

さて、建前上はこうして日記タイトルに沿った内容を書こう書こうとアピールしているわけですが、本音を言えばそんなにやる気があるわけでもありません。

だって昨日まで頭痛に悩まされた病み上がりですよ?

そんな病み上がりの人に無理をさせてまでビーフジャーキーのレビューを書かせるなんて酷な話じゃないですか?

確かに先日まで私は一時的にビーフジャーキーがマイブームとなっておりました。コンビニやドラッグストア、スーパーで見かけたら当たり構わず買い漁り、どれがどんな味かを確かめて食べ比べをしておりました。

しかし今となっては既にブームが過ぎてから2週間くらいも経過しているわけでして。

別に今からでもレビューはできますが、熱が冷めてしまった以上、力を入れたプレゼンなんて到底できようもありません。

更には私の日記というものはあまり固有名詞を出さないようにしておりましてね。商品名やメーカー名なんて以ての外。プロモーションでもない限りは"あれこれそれ"で済ませる他にありません。

 

今ここに先日私が食べたビーフジャーキーで、中でも割と良かったと感じられたであろうものが置かれているとします。

仮にa,b,cとしましょう。これらは全てビーフジャーキーです。

 

aのビーフジャーキーは薄っぺらく、味も薄っぺらい。しかし付け焼き刃的な外部からの味付けと、それに見合ったチープな食感と味が組み合わさって総合的に美味しいと感じられるものでした。コスパ重視といったビーフジャーキーだったでしょうか。

 

bのビーフジャーキーはaとは対象的に分厚く、身もすごくホロホロで柔らかい。ビーフジャーキーというよりかは上質な乾燥肉を食べている感覚に近く、そもそもジャーキー自体が乾燥肉を意味するものであって何の例えにもなっていませんが、とりあえずは顎の力が衰えているジジババでも無理矢理にでも食べさせたら食べられるくらいの食べやすいビーフジャーキーでした。価格に関しては結構高かったのでもう買いません。

 

cのビーフジャーキーについてはもうビーフジャーキーでも何でもありませんでした。ビーフジャーキーだと思って買ったら違った。ただそれだけでした。でも美味しかったと思います。

 

以上が一時的にマイブームとして手当たり次第にビーフジャーキーを買い漁った私のレポートです。

食べ過ぎたらそれはそれで塩分過多ですし、そもそもお安いものでもない。一度食べ始めたらなかなか手が止まないこともあるので正直ビーフジャーキーの食べ比べはおすすめしません。

気紛れにやっすいプラスチックみたいなやつをやっすいお酒のアテとして買えば良いんです。

 

因みに余談ではありますが、ビーフジャーキーブームが終わった今の私に訪れているマイブームは貝柱の缶詰です。

我ながらもう少しコスパの良い食べ物にハマってもらいたいと思うばかりです。


”にほんブログ村へ"