メイドインじゃんけん

小便器で用を足していた時のことです。

わかる人にはわかると思いますが、陰毛ってその日抜ける分は引っ張ればぷちぷちと簡単に抜けるんですよね。

職場にあるトイレで何を思ったのか、急に私は陰毛を抜くのが楽しくなり、小便器に大量の陰毛をちらしていました。

その時他に使用している人もいなかったので、次に使用する人を驚かしてやろうという魂胆から思う存分抜いては散らすを繰り返しました。

一定数抜き終え、小便器にも露骨に陰毛が撒かれているのを確認し、水を流して便所を後にします。

後に使用する人のドン引きする顔を想像しては一人で勝手に盛り上がってしまっていたんですが、よくよく考えたら水を流した際にあらかた流れてしまっているんですよね。

ちょっとしたいたずらごころも無駄に終わったと気付き、何だかやるせない気持ちになりました。

折角ちらしたのに。折角撒いたのに。数にも限りがあるというのに。サプライズをしてやろうと思ったのに…思い出すだけで虚しくなります。

そんなことはどうでも良いとして、最近いやに足が臭いです。

まだまだ春真っ盛りに至らないこともあり、ブーツで一日を過ごしているのが原因か、家に帰って靴を脱ぐと凄まじい臭いが充満します。

靴下を脱げば足は風呂上がりのように蒸れてしわしわになっており、靴下は使い古しているということもあってかそのままダストシュートです。

ブーツで過ごすことをどうにかしなければ解決しないであろう問題ではありますが、正直最近の悩みの種でもあったりします。

何しろ家に帰った後、スリッパが臭くなるという理由からスリッパが履けず、臭い足で床を踏み歩くなという無理難題を押し付けられているものですから、家の中をどうやって移動すれば良いのかわかりません。

私は浮遊術を会得していませんからね。昔夢の中で宙を歩く技術を教わったのですが、夢の中での出来事だったために忘れてしまったんですよね。

覚えていれば今頃宙を歩く人として名を馳せていたかもしれませんが、現実はこんなものでしょう。

仕方なく足の側面、いわゆるアウトサイドを立てて、なるべく接地面を少なくした状態で帰宅後すぐに風呂場へと直行しています。

靴にも色々と細工をしたり、新しい靴下を購入したりと対策は色々と練ってはいますが一向に治まる気配はありません。

何かいい方法はないでしょうか。心当たりのある方は私に教えるというごっこ遊びでもしてみてください。