PVアクセスランキング にほんブログ村


【おすすめ記事】

ライフハックランキング

【AI絵画】第31回:人工知能が描く日記タイトルの世界

2023年7月3日

A.I.絵画

 

ご挨拶(神妙)

おはよう、皆の衆。アートテラーの定次さんです。

人工知能の進化が著しい現代、巷では人工知能を活用してイラストを生成するツールが流行っている様子。

そんな流行に当ブログも便乗し、今宵も皆さんをよくわからない世界へ連れ出してさしあげます。

ルールは簡単。当ブログ『下衆と皮肉』に投稿された記事のタイトルをAIに読み込ませ、出力したイラストを元のタイトルと比較するだけ。

今回の人工知能は一体どんなカオスなイラストを我々にお披露目してくれるのでしょうか?


ご挨拶(神妙)
アートテラー

一昨年の5月19日に投稿されたアイキャッチイラストです。
シリーズ化した『空想カオスツール』の前進となるイラストですね。
実際の本文はこのイラストと全く関係のない話ですが、こうしてイラストだけ見せられると、このアイテム自体がどういったものなのか非常に気になるところです。
今でこそペンの太さは調整が面倒なのであまり変更していませんが、細かな部分を表現するためにペンのサイズを変えているところから力が入っているのがよくわかりますね。
バウムクーヘンに花火が刺さって弾けている……誰が見てもわかるシンプルなデザインが非常にいいと思います。
良くなかった点を強いて挙げるのであれば、集中線が強すぎたのと一部塗り残しがあるくらいでしょうか。それ以外は面白い上手なイラストだと思います。

 

【 AI作 】
ご挨拶(神妙)
アートテラー

『気持ち悪い』生成して一番に思った感想がそれでした。
ケーキ状の形をしている以上、バウムクーヘンの情報を汲んでくれたのかとは思いますが、それ以外の色彩といい、装飾の配置といい……集合体恐怖症の人にとっては苦手になるであろう画像が生まれてしまいました。
ぶっちゃけこの画像だと閲覧者の方々の中に抵抗を感じる人も出てくるかと思い、何度か改めて出力を試したのですが、どうもどれもこの黄色と黒のコントラストのケーキばかりで直しようがありませんでした。
“クーヘン"というフレーズからケーキの形状を出力するのはわかりますが、何故こんな色合いになってしまったのか考えたのですが、その答えは何度か出力する内にわかりまして、タイトルから入力した『バチバチ』というフレーズは弾けるという意味合いで取られず、『蜂』として認識されていたようです。
確かに蜂と言えば黒と黄色の色合いをイメージするもの。そこを考えたら妙に納得する部分がありましたが、それでもやはりもっと見た目の良い画像を生成してもらいたかったものでした。


”にほんブログ村へ"

これは当ブログのCMです。
タップすると管理人が喜びます。


ご挨拶(神妙)
アートテラー

一昨年の5月20日に投稿されたアイキャッチイラストです。
下衆と皮肉のアイキャッチはなるべく言葉を使わず、イラストだけで表現をするように心がけているのですが、このイラストは吹き出しを使って上手いことタイトルの内容を表せているような気がします。
しかしそれでも相変わらず背景の書き込みは雑そのもの。
遠近感を使用したりでもっと上手に空間を作り込めたら良いですが、何だかんだで蛇口のイラストだけ妙に力が入っているのが笑えますね。

 

【 AI作 】
ご挨拶(神妙)
アートテラー

噴水ですね。それ以上でもそれ以下でもない、単なる噴水。
結構大きめの公園に置いてある噴水のようにも見えますが、この手のものは底の浅い部分が広がっていて、夏の暑さを涼むのに丁度いいものでしょう。
どこぞの子供なんかが全身をびしょびしょに濡らしながらハッスルしている光景が目に浮かびますが、見た感じあまり綺麗そうな水に見えないので遠目から見る分だけで済ましたい噴水ですね。
あとは特にコメントはありません。それ以上でもそれ以下でもない、単なる噴水の画像です。

 

気がつけばこのシリーズも30回を超えたんですね。
枚数で言えば60記事分のイラストをAIの出力する画像と照らし合わせたわけですが、まだまだ残り700記事くらいは残っていますし、毎週2記事ずつの紹介では到底追いつくことはないでしょう。
人工知能もまだまだ進化の余地がありますし、私自身の技術の向上とどちらが早いか期待したいところですね。

 


”にほんブログ村へ"

AI絵画

Posted by 定次さん