おしりエクスポートシリーズ【差し障りのないコメント】


 

おはよう、皆の衆。定次さんです。

 

 

マスク着用が当たり前となってしまったこのご時世ですが、いい加減に以前みたいにマスクを着用せずとも過ごせるように戻ってもらいたいものです。

――と、言いますが、既にこの習慣が根付いてしまった以上、以前のような皆がマスクを外して過ごしているような光景には永久に戻らないでしょうね。

以前もマスクを常用していましたが、マスクがなくては生きていけないという人が一定数増えたのは確かでしょう。

仮にコロナが収束したとしても、これが現代人の、現代世界の姿形として未来永劫変わらず後世へと伝わっていくでしょう。

 

さて、そんなネガティブな話はさておき、マスク着用にはメリットもデメリットもどちらも存在します。

メリットは皆さんお察しの通り、防疫になるということ。そしてヴィジュアルをごまかせるという事。

デメリットは外部から見て素顔が確認しづらいこと。好きになったマスク美人がいざマスクを取ってみたら残念だったということがあったら嫌ですからね。

そしてもう一つはクシャミをしたら臭いこと。

マスクはこういった咳やくしゃみを塞き止める役目を持ちますが、マスク内でくしゃみでもしようものならば忽ちマスク内に唾液の飛沫が広がって唾液臭さが鼻を刺激します。

時折それを避けてか、くしゃみの瞬間だけマスクをずらすおじさんがいますが、おっさんほど口が臭いものですから、大人しく自爆していて貰いたいものですよね。

しかしは、くしゃみの瞬間だけマスクを外すという行為自体はマスクの意味をなさないと非難されがちですが、その気持ちに共感ができる分、何とも責め難いものです。

 

誰かこの悩みを解消させてくれるような画期的な商品やアイデアを出してくれないでしょうか。

解消とまでは言いませんが、このくしゃみの臭さを有効利用できるような発想みたいなものはないですかね。

例えば他人の唾液の飛沫の臭いが大好きな小さなおっさんをマスクの中にぶちこむみたいな。

それだと常に小さなおっさんと濃厚接触する羽目になりますが。

うーん、それは嫌ですね。
難しい課題だなぁ。


にほんブログ村 にほんブログ村へ