This is a”Jagaimo boat”. Sorry,This is a”Jagaimo boat notebook”.

おはよう、皆の衆。定次さんです。

最近の私の日記に対する姿勢というものがあまりにも粗末なものなので今一度反省し、新たに親しみやすいものを書き上げるよう努力することと決意しました。

よってまず下記についてのことを実行に移したいと思います。

一つ、冒頭のくだらない謳い文句は考えるだけでも面倒くさいので廃止することとしました。あれでも嘗ては人気を博したことがあったのはあまりにも有名でした。

一つ、吹き出しを多用してキャラクターの会話を増やし、バカでも読める日記を増やすこととしました。これにより立ち絵のレパートリーを増やさなければならないという面倒な手間が増えることとなりました。

一つ、プライバシーポリシーを設置することとしました。下衆と皮肉は外部との接触面が非常に少ないためこれまで必要としていませんでしたが、今後方針転換を考える上で避けられない道となりましたのでプライバシーポリシーを設置することとしました。プライバシーポリシーのページはブログ開設時に誤って削除してしまったため、これにより管理人が大きく苦労することは避けられなくなりました。

一つ、日記内容の文章の添削頻度を増やすこととしました。日記自体すらすらと書いているように見えますが、実際のところ誤字脱字が露見しており、書き上げた後の読み返しと編集作業が付帯されることとなりました。面倒なこととなりました。尚、非公開後の編集→公開というわけではなく、ぶっつけで公開してその後に編集するため、公開直後は無編集の日記が読める可能性があります。読めた人はラッキーという考えでいてほしいです。

一つ、イラスト、及び日記制作時にチュッパチャップスを舐めることを義務としました。今この日記を書いている瞬間も舐めていますが、わりと集中できるため義務付けすることとなりました。これにより管理人を蝕む虫歯へのリスクと、毎月1,000円弱の経費がブログ運営に加算されることとなりました。

以上が現状での運営方針となります。ただの尺稼ぎなので読み終わった後に忘れていただいて構いません。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

皆さんは牛乳というものをご存知ですか?

勿論知らない人はいないかと思いますが、もし仮に牛乳という存在を知らないという人がいれば何も言わずにこの場を去るようにしてください。牛乳を知らないあなたは今から突きつけられる現実というものを恐らく受け付けることができないと思いますので。

そもそも牛乳という存在を知らない人とは一体どういった人でしょうか。

生まれたての赤ん坊?それとも生まれてこの方幽閉され、牛乳というものを与えられなかった人?何にせよ牛乳を知らずしてこのブログにアクセスができている時点で何かがおかしいと思われます。

赤ん坊は子宮口から出てきた瞬間から通信端末を持っていたのか?母親と繋がれたへその緒は回線ケーブルか?そもそもそのケーブルに繋がれた母親は人間か?

この地に生まれ落ちてからずっと狭く、日の光も届かない薄暗い一室に閉じ込められ、ロクに食事も与えられず、世間から隔絶された存在の彼はどうして私の日記を読むことができている?そして何故私の日記を選んだ?

彼を幽閉している家の人間は生まれながらにして彼を忌み子とし、しかし規則から命を奪うこともできずに彼を地下の一室へと閉じ込めていた。一日に与えられる食事は微々たるもので、朝にはヨーグルトと温かい緑茶、昼には袋麺を裸のまま、15時を過ぎたあたりでシルベーヌが1切れ与えられ、夕食の頃合いには日替わりのセレクトメニューが与えられる。夕食後に1階の風呂場で湯浴みをした後は冷蔵庫から1つファミリーパックのアイスを持っていって良いこととし、食べ終わった後は地下室へと戻らされる。

就寝時刻は22時と決められ、週末には23時まで、年末には年明けまで起きていて良いと言われ、それまでの間は毎月の通信容量が4GBまでのスマートフォンでフィルターのかかったネットウェブが許されている。検索エンジンはバビロン。

そんな彼らが何故私の日記を読んでいる?牛乳も知らないのに?

ブログの管理人はアクセスを増やすことに手段を選びませんが、得体の知れないアクセスからは拒否をする権利があります。

私はこれから皆さんにお伝えする情報を得たいの知れない彼らから守る義務があるのです。

もし仮に世間から迫害された彼らに害がないのであれば、「自分はいい人だよー」ということが胸を張って言えるのであれば、私はこの後の文章を読むことを拒みません。

私のブログへのアクセスの害の有無についてはあくまで自主申告制です。「ここまで言われてしまったら自分には読む権利がないな…」と後ろめたい気持ちがあるのであれば今すぐここから去れ。私はあなたを求めていない。そしてまた明日ここにきなさい。

選ばれた人だけがこの日記を読むことができるのです。そしてそれを選ぶ人は自分自身。自分をしっかりと持ちましょう。


みんなは"カッティヴァヴァン・ダコニ・ラテ"って知ってますか?

しらないです

知らないならぜひ試してみてくださいね!

これは牛乳を使った家庭でも簡単にできる飲み物なんですが、牛乳に対して8:2の比率でビネガーを足して割ったちょっとマイナーなドリンクです。

用意するものは簡単で、牛乳とお酢と塩とハチミツだけ。割った牛乳に塩とハチミツを混ぜて冷やせばできあがりです。

地域によってはレモンを絞ったり、バナナやイチゴのスムージーを混ぜたりするところもあるそうな。

朝食のつけあわせに飲めば目覚めはサッパリで、風呂上がりの一杯なんかも良いかもしれません。

冷蔵庫で作り置きをしておけば簡単に飲めますし、凍らせてデザートにも…なんて応用が利いて便利です。

私も先日このレシピをネットで知って、食後の一杯に飲んでいますがおすすめです。

是非とも皆さんも実践してみてください。

勿論このレシピは全て嘘ですし、そんなドリンクが存在するなんて聞いたこともありません。私も食後の一杯に飲んでいるなんて話も本当なわけありませんし、まぁ信じる人はバカですね。牛乳と一緒にお酢を流し込んでむせて苦しい思いでもしてください。